ビジネスでも文化交流でも|テープ起こしは業者に任せれば安心|正確に聞き取ってまとめてくれる
レディ

テープ起こしは業者に任せれば安心|正確に聞き取ってまとめてくれる

ビジネスでも文化交流でも

本

文章の性質で選ぶ

韓流ブームで一気に広まった感のある韓国語ですが、ビジネスで翻訳が必要な場合には、正確性に気を配らなければなりません。大きな契約になるほど、微妙な部分の訳出が重要になります。特に法律・医学・特許のような専門性の高い分野では、韓国語だけでなく学術用語に関する深い知識を持った翻訳者に依頼する必要があります。反対にタレントへのファンレターなど、硬すぎる文章がふさわしくない場合は、上手にニュアンスを伝えられる、若い翻訳者が適している場合もあるでしょう。ネットを検索すれば、大手の専門業者から個人営業まで、さまざまな韓国語の翻訳サービスを見つけられます。料金だけでなく、納期や用途を考えてサービスを選ぶことが大切です。

クラウドのメリット

クラウドソーシングの普及により、専門業者と個人営業の違いは、昔ほどは大きくなくなっています。世界各国に在住するネイティブスピーカーが翻訳会社と契約し、オンラインで仕事を請け負うサービスは、いつでも依頼できて納期が短いという特徴があります。ただし同じネイティブでも、翻訳能力に差がある可能性もあります。そこで業者によっては二重チェックなどの方法で、誤訳や不自然な箇所の修正を行なっています。韓国語を話す人は日本にも多いので、つい翻訳も簡単に考えてしまいがちですが、品質の確保は欠かせません。依頼する前に業者ごとの実績や得意分野、チェック体制などを調べておくと良いでしょう。もちろん料金と支払い方法の確認も必要です。